医療事務の資格を取ろう|専門学校で知識を叩き込め

婦人

放射線技師を目指せる学校

学生

診療放射線技師は医師の指示を受け医療機器で放射線を使い検査を行う仕事で、診療放射線技師国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格を得るには文部科学大臣または厚生労働大臣が指定する養成施設で3年以上学ぶことと定められています。診療放射線技師の養成課程がある大学で4年、短大又は専門学校で3年間学び所定の科目を履修すれば国家試験の受験資格を得ることが出来るのです。大学から大学院へ進学すれば専門性が高い医学物理士資格を取得することができます。医学物理士は医師の指示を受けて放射線を照射するだけでなく治療計画にも加わることができます。大学での授業は、解剖学や病理学などの医学の基本知識と放射線物理学、診療画像技術などを学び、大学提携の病院で実習することで技術を身に着けることができます。実習期間はおよそ3か月患者さんや医師、看護師など病院で働く人達とコミュニケーションを取ることの大切さを学ぶことができます。将来は医学物理士を目指す方には大学への進学が向いています。大きな病院に就職する時は大学を卒業していると就職に有利になる傾向があります。また、給料の面でも大卒が多少高くなっています。診療放射線技師養成課程がある大学は国公立と私立があり授業料に大きな差があります。また、国公立は5科目の入試を受ける必要がありますが私立では科目が少なくなります。費用や得意科目などを考慮して受験する学校を決めるようにしましょう。