医療事務の資格を取ろう|専門学校で知識を叩き込め

婦人

看護学校選びで大切なのは

ナース

合格率以外にも注意を

将来看護師になるためには看護学校に通う必要がありますが、看護学校に通えば誰でも必ず看護師になれるというわけではありません。看護師として働くためには看護師国家試験に合格して看護師免許を取得することが必要となります。そのため、多くの人が看護学校選びで気になるのが看護師国家試験合格率でしょう。看護師国家試験合格率が低い看護学校であれば、どれだけ他が魅力的であっても選ぶのは躊躇してしまうのが一般的でしょう。看護師国家試験は勉強する範囲が広く難しい試験だとはされていますが、実は合格率は90%前後とそれほど低くない試験となっています。そのため、看護学校による看護師国家試験合格率を気にするよりは真面目にしっかりと勉強することが何よりも大切となるのです。看護学校を選ぶ際には看護師国家試験合格率を気にするよりも、他に注意したいことがいくつもあります。その一つとしてはその看護学校がどこにあるかということです。看護師国家試験合格率は高くなっていても、実際に調べると入学数に比べて合格者数そのものは少ない看護学校も存在します。こういった看護学校の場合は看護師国家試験合格率は低くは無いのですが、通いにくいなどその他の問題によって退学者数が多くなっているのです。看護師国家試験に合格するためには真面目に看護学校に通い続ける必要がありますが、通い続けるのが難しかったりするとどうしても合格しにくくなってしまいますので注意が必要です。