医療事務の資格を取ろう|専門学校で知識を叩き込め

婦人

目指す人が増えている

整体

介護や予防にも必要

リハビリの専門職である理学療法士を目指す人が増えています。理学療法士は、国家試験を受けて合格することが必要ですが、その前に大学、短大、専門学校で3年以上学ばなくてはなりません。「医学部保健学科」「リハビリテーション学科」「理学療法科」という学科が当てはまります。専門学校などでは夜間部が設置されているところもあり、昼間働きながらでも理学療法士の国家試験を目指すことができる資格です。国家試験ということも人気ですが、理学療法士を目指す人が増加している理由は、リハビリが必要な状況が身近になっているからです。理学療法士の仕事は多岐にわたりますが、その一つに介護があります。高齢者が増え、介護の必要性や、介護予防、健康増進といった理由から国家試験を受け理学療法士になることが選ばれているのです。理学療法士の仕事はケガや病気のリハビリだけではなく、介護が必要な人に日常の動作ができるようにすることも仕事の一つです。体操教室や介護や健康のための講座なども行います。理学療法士が必要とされているのは病院の他に、老人保健施設、デイケアセンター、訪問リハビリテーションなどです。将来、介護や医療の資格を持つ人が、ほかの介護や医療の資格を取りやすくなる制度の導入が検討されています。共通課程を設けて資格取得期間を短縮する制度です。この制度が導入されれば、理学療法士からステップアップをすることも可能になります。このように理学療法士は、身近な介護に役立てられることなどで選ばれています。